合格するために|憧れの行政書士になるチャンス|通信講座でメキメキ成長

憧れの行政書士になるチャンス|通信講座でメキメキ成長

ウーマン

合格するために

婦人

スケジュールを考える

行政書士試験は年1回行われています。合格率は試験の難易度によって上下しますが、10%に届かない年が多いです。行政書士の試験勉強をするには、予備校・通信講座・独学などの選択肢があります。予備校は試験に必要な教材と講師のサポートにより、短期間で集中的に勉強できます。通信講座は必要な教材をまとめて入手して、自分のペースで勉強できます。独学は入学金などがないので、誰でも気軽に勉強を始められ、教材やスケジュールを自分で決めることが可能です。勉強時間の目安としては、予備校の講義時間は最短でも200時間程度で、通信講座では500時間程度に設定されている場合が多いです。したがって、独学でも1年程度しっかりと勉強できるなら、十分な対策をすることができます。

しっかりと準備する

行政書士の資格を取得するのは簡単ではありませんが、法律の勉強経験がなくても、準備次第で可能です。独学でも取得できるため、チャレンジする方は多いですが、途中で挫折してしまう方も少なくありません。それを防ぐためには、事前の準備と情報収集が重要です。勉強する目的は、行政書士試験に合格することですので、試験対策が必要です。したがって、過去の試験問題や出題傾向を知ることが重要になります。それにより、良く出題される分野を重点的に勉強できるので、効果的な対策ができます。独学で効率良く勉強するには、教材やスケジュール管理が非常に重要になります。参考書などは、人により最適なものが異なりますので、ネットの書評などを参考にしながら探してみるのも有効です。ただし、その際には自分の目で内容を確認してから決めることが大切です。

Copyright© 2016 憧れの行政書士になるチャンス|通信講座でメキメキ成長 All Rights Reserved.